fc2ブログ

豊島支部の例会報告、活動報告、お知らせなど

講演

  1. 2011年度豊島支部総会  記念講演「懸命に生きる人々~日本人こそ学んでほしい~」 |
  2. 豊島支部総会 記念講演 |
  3. 豊島支部総会 記念講演「自分の可能性をもとめて」 |

2011年度豊島支部総会  記念講演「懸命に生きる人々~日本人こそ学んでほしい~」

開催日:2011年4月26日(火)
会場:アカデミーホール 

報告者・講師:池間 哲郎 氏 (墨田支部会員)
JAN(日本アジアネット)代表、沖縄大学非常勤講師、
NPO法人アジアチャイルドサポート 代表理事 
http://www.okinawa-acs.jp

参加者:41名

内容・感想:
ビデオカメラマンとして1987年からアジア途上国(カンボジア、フィリピン、モンゴルなど)のゴミ捨て場、スラム等の貧困地域を独自に訪ねてきた池間氏。

本講演では、アジアでの活動紹介を通して「命の尊さ、感謝の心、懸命に生きることの大切さを、過酷な環境の中でも懸命に生きる人々の姿から学ぶ」という趣旨で企画された。

しかし、3月11日に震災が発生。そこで、講演当日は、今までのアジアでの活動報告に加え、被災地にいち早く支援を開始した池間氏が、地震と津波の生々しい傷跡の写真などと共に、現地の人々の様子や必要とされている支援について報告。

東京にいる我々、特に中小企業家が何をすべきか、一人一人が深く考える記念講演となった。


「総会記念講演風景」
「総会記念講演風景」











「毎年豊島区に福祉用品を寄付しています(目録贈呈)」
「総会福祉用品寄付」










スポンサーサイト





  1. 2011/07/08(金) |
  2. 講演
  3. | top

豊島支部総会 記念講演

株式会社高齢社 会長 上田 研二氏
平均年齢68歳! (株)高齢社 
社員・協力企業 ≧ 顧客 ≧ 株主 の企業経営が好循環経営を実現する

日時:2010年4月22日 

参加者:60名

<参加者感想>

I. M. さんより

上田氏は病気しているとの事でしたが、とにかく明るい。
時よりエッチな話も交えながら、何かすっとぼけた様な語り口が聞く側を飽きさせない。

私が一番強く感銘を受けたところは、「現在から未来を見据えたときの今は、自分にとって一番若い時であります。
それゆえ、今日一日を常に大切にし、いつまでも青春の心を持ち続け、これか
らも自分の置かれた立場で精一杯光り輝き社会に貢献できる人間でありたいと願っています。」というところでした。

人生120年と言います! まだまだの気持ちを忘れづ前向きに進んで生きましょう。

--------------------

K. M. さんより

上田会長のお話、その姿、生き様を見ていると自分自身への甘えに反省させられます。

売れないことは戦略のなさと・・・・・
今回は講師紹介を仰せつかり、すばらしい詩にも出会いました。

マッカーサー元帥の部屋の青春の碑に上田会長の名前が刻まれた理由を伺ったら10000円の寄付だったとか・・・?

上田会長の生き様そのものです。

青春

原作:サミエル・ウルマン

邦訳:岡田義夫

青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相ようそうを言うのだ。

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦きょうだを却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や狐疑こぎや、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰あたかも長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥あくたに帰せしめてしまう。

年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。人は信念と共に若く疑惑と共に老ゆる、

人は自信と共に若く恐怖と共に老ゆる、

希望ある限り若く失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷あつごおりがこれを堅くとざすに至れば、この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる。

--------------------

B. S. さんより

今回は司会として総会に参加させていただきました。
前で皆様のお顔を拝見していると、議長や支部長の言葉を聞き逃すまいと真剣な顔でお話を聞かれている皆様の気迫に圧倒され、時々言葉が詰まる思いでした。
このような素晴らしい支部の一員であることに、誇りを感じます。

記念講演では、素晴らしいお話しをお伺いいたしました。
上田社長の半世(反省)は愛に溢れ、常に一人ひとりと向き合い感謝と工夫を忘れず、人生を楽しんでいるように見えました。
一時間ではとても語りつくせない、もっとお話を聞きたいと思わされるものでした。

懇親会では、ご来賓の方の多さと関係性と期待の強さに、豊島支部が地域から必要とされ、社会的な役割を担っているのだと改めて感じました。

これからも諸先輩方を手本にし、会社を人生を良いものにしていきたいと思います。


--------------------



  1. 2010/04/30(金) |
  2. 講演
  3. | top

豊島支部総会 記念講演「自分の可能性をもとめて」

4月18日豊島支部総会 記念講演「自分の可能性をもとめて」

パラリンピック金メダリスト 成田真由美さんをお招きしました。

【参加人数】
参加者105名。芸術劇場大会議室が一杯になりました。

【感想】
“努力しないことは罪であり、その努力や それを支える強い想いこそ最大の味方である”

根性論みたいな幼稚な感想で上手く説明できませんが、自分の足りないことに気付かされこのように感じました。

非常に有意義な総会だったと思います。
ありがとうございました!

(S.B)

アテネ・パラリンピック、金メダルパラリンピック金メダリスト 成田真由美さん2008年度豊島支部総会全体写真


  1. 2008/06/21(土) |
  2. 講演
  3. | top