fc2ブログ

豊島支部の例会報告、活動報告、お知らせなど

11月豊島支部大例会のご報告

平成24年11月12日 豊島支部大例会が開催されました。

報道ステーションでおなじみの、財部誠一さんお講演です。

2012年11月大例会写真1


テーマは『財部誠一が語る「勝ち残れる会社の条件とは?」』です。

財部誠一さんは、経済ジャーナリストの視点から、当初、欧米を中心に研究をしていました。
しかし、近年は、アジア、そして、中小企業を取材研究することが多くなり、
中小企業が生き残るためのポイントを研究されています。
最近の報道ステーションで「中国に進出した森松工業」
「婦人靴についての伊勢丹」の特集をみられた方も多いのではないでしょうか?
財部さんには「忙しい中、聞きに来た人に役に立つ話をしたい」
「日本経済をなにがなんでも元気にしたい」そういう思いから、
普段のテレビの裏話なども含め、熱心な講演をして頂きました。

2012年11月大例会写真4


講演は、「現状認識」をすることがいかに大切かということから話がスタート。
自社の経営環境はどうなっているのか?
自社がサプライチェーンのどこに位置しているのか?
今後業界がどう変わっていくのか?
という自社の置かれた環境変化を認識すること、
そこから、新しい情報を自分なりにリニューアルすることが必要と説きます。
例えば、不景気で収益が伸びないのであれば、
現状認識を進め、新たな顧客獲得に動かなければならない。
とにかく行動する。成功するのは10回に1回しかない。
まず動く。動いていれば顧客からあり得ない要求が出てくる。
これを形にすることが必要であると。
収益に変えることができない技術は意味がない、とも言います。
皆、講演に引き込まれ熱心にメモをとる姿も見られました。

2012年11月大例会写真2 2012年11月大例会写真3



後半は、ローソンや日産、伊勢丹、味の素など
よく知った企業の話をしながら、海外進出に関した話もしてくれました。
参加された皆さんの感想は以下の通り。

【感想】
・財部さんの話は、すべて心の中に強く入ってきました。
 相手を知る。社員を知る。
 そして、 自分を知る。そして気づく。気づいたら行動する。
・心に響きました。
・今の日本の経済の状況から、
 経営者がどうやって現状を把握するかのアドバイスまで。
 終始とても分かりやすい話で大変有意義な時間でした。
・みんなに考えさせるのが良い。
・あらためて気づかされたことがありました。
 常に新規開拓が重要だということを再認識しました。
・ポイントが分かりやすくまとまっていて、
 納得するだけでなく、自分なりに考えを深めることができた。
・現状認識の大切さを確認できました。
 同友会では、色々な方々から現状認識を伺う大切な機会でもあると思いました。
・もう一度振り返って、自分事に置き換えて、アクションに落とし込みます。
・現状認識、メディアは二次情報で信用できない等、非常に参考になりました。
・経営にとても大切なポイントをついていた。
・デパート・コンビニ、同じ業種の企業の違う経営の仕方、
 新業態のへの取り組みが聞けてよかった。
・分かりやすかった。=一部会社の例を上げて話してくれたので。
・現状認識。
 自分が正しく認識できているのか、自分を問い正すきっかけとなりました。
・現状認識の重要性を改めて感じた。
 一次情報へのアクセス。あとは自分の判断力も重要だと思います。
・現状認識の大切さ。答えは現場にありということを学びました。
 まずは、現場に足を運び、一次情報の把握が大事。
・一次情報のために、20代30代の若手に聞くことの大切さが、一番、心に残った。

  1. 2012/11/26(月) |
  2. 例会報告
  3. | top